車の免許があれば上手に運転できるという話か?

    今日は増刊号をお届けします。 最初にお知らせです。   ただいま開催中の無料お試し相談のお申込みは、 いよいよ本日(2019年8月22日)が最終日となりました。   無料お

「ホントに私でいいのかな」という不安

    2週間くらい前に、 「今更聞けない、産業看護の基礎知識シリーズ」 という全8回の研修の中の一つとして、 「産業看護職が行う職場巡視の留意点」 というテーマのセミナーを担当してきました。 &nb

提案がうまくいかない、押しつけになっているかも

    ただいま、無料お試し相談を実施しています。 無料お試し相談のお申込みは 2019年8月22日(木)までとなっております。 気になっていらっしゃったら、 お気軽にお申し込みくださいね。 &nbs

保健指導のモヤモヤを整理したいなら

    今日は臨時号をお届けします!   ただいま<自分らしい保健指導>通信講座のご案内を公開中です。   他の看護職のやり方を参考にして、 見よう見まねで保健指導をしているけど・

意識化するのに“鏡”が必要ですか?

    先日、産業衛生学雑誌(第61巻4号)が届きました。 その編集後記を読んでいて、 「うん、うん。本当にそう!」 と深くうなづいてしまった部分があったので、 ちょっとご紹介したいと思います。 &n

保健指導で質問されたときのひと工夫

  保健指導や健康相談などで, 対象者と話をしているときに、 対象者から質問を受けることがありますよね。   産業看護職として、   そういう質問に的確に答える自信がなくて、 保健指導に苦手

なぐさめと励ましについて考えたこと

    産業看護職は仕事柄、 いろんな人の悩みごと困りごとを聞く立場にいると思います。 ときどきは、なぐさめや励ましの言葉をかけることもありますよね。   あなたはそういうとき、 どういうこ

「何をやればいいですか?」ときかれたときに

    私は昔、保健指導をやっていて、 ↓ こういうドツボにハマってしまうことがよくありました。   「運動を始めてみましょう」 「何をやればいいですか?」 「ウォーキングはどうですか?」