自己研鑽に疲れていませんか?

唐突ですが、あなたは自己研鑽をしていますか? (注:「じこけんさん」と読む。自分自身のスキルや能力を鍛えて磨きをかけること) 看護職は専門職なので、 常に知識やスキルを高めていくために、 自己研鑽が求められる職種ですよね

未経験でもあきらめないで大丈夫

しばらく前に、立て続けに二人から同じような話を聞きました。   偶然お二人とも40代半ばを過ぎたところで、 お子さんが成長して、 ようやく自分の時間が確保できるようになって。   以前からずっとやりた

『モヤモヤと向きあう相談会』

今日はピュア産業看護事務所の 恒例の新春プレゼントのお知らせです。 今年はこちら! ↓ ↓ ↓ ~~~~~~~~~~~~~~『モヤモヤと向き合う相談会』(ご案内は終了しました)~~~~~~~~~~~~~~ 昨年も産業看護

勉強しているのに満足できないとき

産業看護職は専門職ですから、 自分の専門性を保ち、発展させるために、 常に自己研鑽されている方が多いですよね。   専門職としての責任感や使命感、 そして、ご自身の向上心のたまものだと思います。   その表れだと思うんで

「今思うと悩んでたんだな」ってすっきりした

12月ですね。 あっちもこっちもクリスマスムードで盛り上がってきました。 ちなみに私にはウキウキするイベントの予定はないですが(笑)   その代わり(!?) 毎年この時期は一年間を振り返って反省したり、 よくが

保健指導は保健師がするものなの?

以前、産業看護職の方からこんなご質問をいただきました。 こんな内容でした。 あなたはどう思われますか?   「そんなこと、気にしたことなかったわ~」って感じですか? それとも、 「実は私も気になってたのよね~」

対象者に伝わらないと悩んでしまうときの切り替え方

保健指導や健康相談などで対象者と面談するとき。   私たち産業看護職は、 相手に現在の健康状態が正しく伝わるように、 そして、 健康を回復するための保健行動をとってもらえるように、 ということを大事にしていますよね。  

痛かったら「痛い」と言ってもいい

例えば、どこか痛かったら「痛い」と言ってもいい。 それってあたり前のことですよね。 でもなぜか、我慢しなきゃいけないような気がして、 言い出せないことがありませんか。   そんなとき、誰かから、 「痛かったら『

数字の見せ方にも工夫が必要かも

ピュア産業看護事務所は毎週木曜日に、 定例のメルマガ【ピュア通信】を発行しています。   全世界に発信するにはちょっと恥ずかしいような 今田の体験談や失敗談、勝手に作り出したノウハウ(笑)、 たまには私が産業看