対象者に伝わらないと悩んでしまうときの切り替え方

保健指導や健康相談などで対象者と面談するとき。   私たち産業看護職は、 相手に現在の健康状態が正しく伝わるように、 そして、 健康を回復するための保健行動をとってもらえるように、 ということを大事にしていますよね。