意識化するのに“鏡”が必要ですか?

    先日、産業衛生学雑誌(第61巻4号)が届きました。 その編集後記を読んでいて、 「うん、うん。本当にそう!」 と深くうなづいてしまった部分があったので、 ちょっとご紹介したいと思います。 &n

保健指導で質問されたときのひと工夫

  保健指導や健康相談などで, 対象者と話をしているときに、 対象者から質問を受けることがありますよね。   産業看護職として、   そういう質問に的確に答える自信がなくて、 保健指導に苦手

なぐさめと励ましについて考えたこと

    産業看護職は仕事柄、 いろんな人の悩みごと困りごとを聞く立場にいると思います。 ときどきは、なぐさめや励ましの言葉をかけることもありますよね。   あなたはそういうとき、 どういうこ

「何をやればいいですか?」ときかれたときに

    私は昔、保健指導をやっていて、 ↓ こういうドツボにハマってしまうことがよくありました。   「運動を始めてみましょう」 「何をやればいいですか?」 「ウォーキングはどうですか?」

行動変容がおこらない? それなら態度の変容に注目してみる?

    保健指導の目的の一つは、 対象者が健康の保持増進のために、 生活習慣改善などの行動をおこせるようにすること(行動変容) ですよね。   多くの看護職が、対象者が行動変容をおこすように

保健指導の気まずい雰囲気をどうする?~話が途切れなくて困った編~

    保健指導をやっていて、 気まずい雰囲気になってしまうことって、 ありますよね?   いったん気まずい雰囲気になってしまうと、 その立て直しのためにけっこうな苦労が必要です。 ( ̄_ ̄

治療と就労の両立支援の範囲は広いな~

    先週の『産業看護お役立ちメモ』では、 「治療と就労の両立支援は労働者の申告が出発点」 だから、労働者への周知・啓発が大事だ、 ということを書きました。   記事はこちらをクリック  

治療と就労の両立支援の“出発点”ってどこ?

    先月、産業衛生学会が名古屋で開催されました。 参加者が5,000名を超えて大盛況だったようです。   私も参加してきました。 バラエティに富んだテーマ構成でとても興味深かったです。

パワーポイントのスライドの見やすさにひと工夫

    先週は日本産業衛生学会に行ってきました。 最新の知見とか、産業保健のトピックスとか、 興味深い話がたくさん聞けて面白かったです。   でも、次から次へと情報をインプットするばかりで、