看護職も幸せになる保健指導のヒント

保健指導にまつわるお悩みの一つに、

「保健指導したのに対象者の検査データが改善しない」

というのがありますよね。

特に、特定保健指導の場合には、

対象者の検査データの改善が大前提でしょうから。

それがうまくいってないのは由々しき事態です。

当事務所の保健指導通信講座では、

受講前に無料の個別面談体験がありまして、

その場でもよくこの話題が出ます。

もしかしてあなたも同じことをお悩みでしょうか?

では、すこし考えてみてほしいのですが。

もし、対象者の検査データが改善すれば、

いい保健指導ができたと満足できると思いますか。

ちょっと極端な例をあげてみます。

看護職が対象者さんに対してすごく高圧的な態度で、

問題点を容赦なくビシビシと指摘し、

このままでは命を落とすか寝たきりになると脅して、

とにかくこの改善策をやってくださいと押しつけた。

そんな保健指導をしたとします。

その結果、対象者さんが、

「こんな失礼なヤツに二度と会いたくない!」

と思って、発奮して、ガッツリ行動変容して、

見事に検査データが改善したら。

看護職としてはそれでOKなんでしょうかね?

保健指導やってよかったって思えるのかなぁ。
( ̄_ ̄;)??

保健指導は、専門職による指導・教育を提供する機会なので、

医学的に正しいとされていることを伝えるのは大事なことです。

そのために、新しい知識を集めたり、

新しい保健指導テクニックを取り入れたりして、

努力や工夫をするのも必要なことですよね。

でも・・・

努力しているのにうまくいかないことが続くと、

看護職自身がすごく苦しくなってしまいます。

そんなとき、ちょっと視点を変えてみたらどうかなと思うんです。

 

 

 

 

最近、マーケティングの入門本を読んでいて、

「やっぱりそうだよね~」と納得した話がありました。

“消費者の「ニーズ」ではなく「感情」を動かす”

というマーケティング手法があるそうです。

「自分の感覚をときめかせて、感情を揺り動かし、心を刺激するような経験価値」

が消費行動を左右するという考え方です。

かつて、消費者は「これが足りない。だから満たしたい」という

「ニーズ」によって消費行動をしているとされていましたが、

「人の感情を動かす経験価値が消費行動につながる」

ということなんですね。

では、その「経験価値」とはどんなものかというと・・・

たとえば、高級ブランドの商品に見出す価値とは、

品質とか商品そのものの価値だけではなくて、

もともとそのブランドに憧れていて、

がんばった自分へのご褒美という意味づけがあり、

節約しながら貯金してやっと手に入れられる達成感、

購入時にセレブ対応の接客を受けられる特別感、

手に入れたら毎日ワクワクできそうという期待感、

こんなふうにくっついているさまざまなことが、

「経験価値」なんだそうです。

人は、商品そのものの価値&「経験価値」によって、

その商品を購入しようとするんですね。

保健指導では商品を売っているわけではありませんが(笑)

「目に見えない商品を買ってもらうためにやっている」

と置き換えて考えてみると、

前からやってみたかった。

憧れる、素敵だと思う。

かっこいい、かわいい。

おもしろそう。

楽しみ、ワクワクする。

心地よい、落ち着く。

などなど、ポジティブな「経験価値」が、

対象者(消費者)の健康行動(消費行動)を促すきっかけとして、

使えそうだなと思いませんか。

対象者さんの「経験価値」になりそうなことを、

改善策(商品)にくっつけて提案できれば、

受け入れて(買って)もらいやすいかなって。

これがうまくいって、対象者さんが行動変容してくれたら、

検査データが改善する可能性も高まるでしょうし。

それに、保健指導にポジティブな「経験価値」があると、

私たち看護職も幸せな気分になれるんですよね。

「保健指導させてもらえてよかったな~」って。
(^_^)

ピュア産業看護事務所のメールマガジン
【ピュア通信】は毎週火曜日に配信中です!

業務のヒントや今田の経験談、
読者の方からいただいた感想やご質問のお返事など、
気軽に読んでいただける内容をお届けしています。

無料です。こちらから登録してくださいね。
↓ ↓ ↓

 

記事の更新をSNSでお知らせしています。