保健指導が質問攻めになってしまう人に共通するクセとは?

<自分らしい保健指導>通信講座の受講生さんから、

よく、このようなお悩みをおうかがいします。

自分の保健指導は質問攻めになっている気がする。

たとえば、生活習慣を聞き取ったり、

仕事内容や作業の様子を確認したり、

趣味や嗜好、健康観や人生観など、

突っ込んだことも聞いたりしているうちに、

 

「なんか質問攻めになっているな~」

と感じてしまうのだとか。

 

でも、その背景には、

 

いろいろ話をうかがって、

対象者さんへの理解を深めたい、とか。

 

対象者さんのことをよく知って、

個別性に合わせた提案をしたい、とか。

 

そういう思いがあるんですよね。

決して興味本位で質問してるわけじゃないんです。

 

 

とはいえ、一つ一つを確認するような質問ばかりが続くと、

対象者さんが不安や不快を感じるのも事実です。

 

根掘り葉掘り調べられているような気がするから。

 

そして、だんだん対象者さんの顔色が曇り、

口調が弱くなり、反応が鈍くなって・・・

 

私たち看護職は察することになります。

はっ!!

ヤバイ、質問攻めになっちゃった!
Σ( ̄□ ̄lll)

 

 

 

 

私はこういうご相談をうかがうと、

いつも微笑ましくなります。

 

だって、まじめさや真剣さや使命感の強さが、

裏目に出て残念な展開になってるだけですもん。

 

私が見ていて、

そんな残念な展開になってしまう人には、

共通のクセがあるように感じています。

 

そのクセとは、
 ↓ ↓ ↓
『相手の話を受け取ったサイン』を見せていない

 

 

どういうことかわかりますか?

 

もちろん、質問して答えてもらって、

その話をしっかり受け取っています。

 

テキトーに聞き流しているわけではないです。

 

だけど、受け取ったサインを、

相手に伝わるような言葉や態度で

表現していないんですよね。

 

 

たとえば、質問攻めの印象を与えやすいのは、

こんなパターンでしょうか。

 

質問をして、相手が答えてくれた。
  ↓
次の質問をして、また相手が答える。
  ↓
さらに質問をして、また答えてもらう。

 

このパターンは、残念ながら、

『相手の話を受け取ったサイン』を見せていません。

 

 

では、『相手の話を受け取ったサイン』を見せると、

どうなるでしょうか?

 

質問をして、相手が答えてくれた。
  ↓
「そうですか。〇〇なんですね」
と相手の話を受け取ったサインを見せる。
  ↓
次の質問をして、また相手が答える。
  ↓
「なるほど~、そういうことだったんですか~」
と相手の話を受け取ったサインを見せる。
  ↓
さらに質問して、また答えてもらう。
  ↓
「うんうん、ホントにそうですね」
と相手の話を受け取ったサインを見せる。

 

文面だけではうまく伝わらないかもしれませんが。

 

同じように質問を繰り返していても、

印象が違いませんか?

ご相談くださった受講生さんには、

「こんなクセがあるね~」

という気づきを得てもらってから、

 

『相手の話を受け取ったサイン』の見せ方を

3つほどお伝えしました。

 

さっそくそれを使って自己ワークを修正したら、

質問攻めにならない保健指導になって、

ご自身の満足度も高まったようでしたよ。
(^▽^)

 

<自分らしい保健指導>通信講座では、

このように、保健指導をジャマしているクセを見つけ、

それを修正する方法を盛り込みながら、

満足度が高まる保健指導をつくっていきます。

 

第9期受講生を募集は終了しました。

画像をクリックして講座の概要ページをご覧くださいね。

*次回のご案内はこちらのページでご確認ください。

*来年度から受講生募集は年3回→年2回になります。

 

メルマガ【ピュア通信】でも、

講座の募集ページの公開をご案内します。

もし気になってたら登録してね!
(^▽^)/

ピュア産業看護事務所のメールマガジン 【ピュア通信】は毎週火曜日に配信中です!

業務のヒントや今田の経験談、 読者の方からいただいた感想やご質問のお返事など、 気軽に読んでいただける内容をお届けしています。

無料です。こちらから登録してくださいね。 ↓ ↓ ↓

記事の更新をSNSでお知らせしています。