覚悟を決めて本気を見せる!

最初にお知らせです。

当事務所が開講している<自分らしい保健指導>通信講座の

第9期の受講生募集のご案内は終了しました。

次回のご案内の公開予定はこちらをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ 

画像をクリックして講座の概要ページをご覧くださいね。

 

 

 

 

私たち産業看護職にとって、

保健指導は主要な業務の一つですよね。

 

だから、少しでもうまくなりたい、

対象者に行動変容してもらえるようにしたい、

もっともっと役に立つ知識を身につけたい。

 

そうやって努力されてる方も多いと思います。

 

そして、自分なりに一歩ずつ成長している、

・・・と思っているんだけど。

 

ときに、こんな状況で不安になることありませんか?

 

「この話、相手に響いてないな」とか、

「どうして大事だと伝わらないのかな」とか。

 

対象者のリアクションから手応えが得られなくて、

なんかおかしいなと思いつつ。

 

腰が引けて、それ以上突っ込めなくて。
(-_-;)

 

私が保健指導をやっていて、

もっとも居心地が悪くなるのが、

このパターンなんですよね。

 

 

 

 

居心地が悪くなるのはイヤだから、

そうならないように手を打ちたいと考えて、

私なりに出した答えがこれです。
 ↓ ↓ ↓
『覚悟を決めて、本気を見せる!』

 

ベタな精神論ですけど。
(^_^;)

 

保健指導の決め手になるのは、

意外とこういうことなんじゃないかと、

今は納得しています。

 

人は感情の生き物だから、

心が動かないと行動しないし、

行動を始めたとしても継続しないですよね。

 

たとえ義務感だろうが、渋々だろうが、

「やったほうがよさそうだ」と、

心が動けば行動してもらえるんだな~と。

 

そのとき必要なのが、

『こちらが本気であること、その本気を見せること』

ではないかと思い至ったわけです。

 

 

 

 

話はちょっと変わりますが。

 

事業場全体で“心の健康づくり”に取り組むとき、

成功のカギは、

「事業場のトップが意見表明し、本気を見せ続けること」

と言われています。

 

事業場全体で残業時間の削減に取り組むときも、

同様のことが言われてますよね。

 

事業場のトップが“本気を見せる”からこそ、

末端の社員までそれが伝わっていき、

一人一人の行動が変わっていくのだと思います。

 

 

 

 

振り返ってみて、私たちはどうでしょうか。

こんなシーンに見覚えはありませんか?

 

保健指導で受診勧奨をするときに、看護職も内心では、

「このくらいの検査値なら受診しなくてもいいか」

と思っていると本気度は高くならないです。

 

すると、言葉にこめる熱量も下がるとか。
σ( ̄。 ̄;)

 

それでも、ルールに則って受診勧奨はするけど、

「医者へ行ったって、“この程度ならまだいい”って追い返されるんだよ!」

と対象者さんから反論を受けたら、

 

「じゃあ、次回まで様子をみましょうか」

って、あっさり引き下がっちゃうとか。

 

なんとか受診してもらえる工夫を探すこともなく、

説得をあきらめてしまってるかも。

 

それ以前に、説得することすら、

どこか後ろめたさを感じてたりして。
(^_^;)

 

こちらが覚悟を決めて本気を見せているかどうか、

なんだかんだいって、

対象者さんに見透かされているように思います。

あなたはいかがですか?

もしも、なんとなく自信がなくて、

遠慮や気後れしてしまうなら。

こちらの講座がお役に立てると思います。
 ↓ ↓ ↓

画像をクリックして講座の概要ページをご覧くださいね。

講座ではまず最初に、

現在の自分の保健指導を振り返ります。

 

もし、今の自分は「本気を見せてないな」と気づけば、

覚悟を決めて、自信を持って、

自分の本気を見せるにはどうしたらいいか。

 

そんなことも講師と一緒に考えながら、

<自分らしい保健指導>をつくっていきます。

 

気になったら、ご案内をご覧くださいね。

無料の個別面談体験をご用意しています。

(第9期のお申し込みは2021年12月14日(火)にて終了しました)

今はまだ、ちょっと踏み出せないなというときは、

メルマガにお付き合いいただけませんか?

ピュア産業看護事務所のメールマガジン

【ピュア通信】は毎週火曜日に配信中です!

業務のヒントや今田の経験談、

読者の方からいただいた感想やご質問のお返事など、

気軽に読んでいただける内容をお届けしています。

無料です。こちらから登録してくださいね。 ↓ ↓ ↓

記事の更新をSNSでお知らせしています。