担当者プロフィール

 

こんにちは。

ピュア産業看護事務所の代表

産業保健師の今田万里子です。

 

私は今まで、企業内の健康管理室に所属して、

従業員さんたちの健康管理業務(産業看護業務)に

従事してきました。

4つの企業でトータル約15年間です。

 

大学で看護を学んでいるときに初めて

「産業看護」を知りました。

 

それまでの私は、

「看護は病院の中で病人のケアをすること」

というイメージしかなかったので、

 

最初は「元気に働いている人を看護する」というのが

よくわからなくて、不思議に思っていたくらいです。

 

ですから、実習に行った製鉄工場の中を、

産業看護の先輩が案内しながら説明してくれたときには

「こんなところにも看護があるのか!」

と衝撃を受けました。

 

それ以来、産業看護に興味を惹かれ、

いつか産業看護をやりたいと思うようになりました。

 

横浜で小児病棟の看護師をやってから、

地元(磐田)に戻ってきたのをきっかけに産業看護の世界に入り、

もう20年以上、産業看護に携わっています。

 

私が目指している産業看護は、

【働く人が健康で幸せな職業人生を全うする】

ことができるように、健康管理面から支援することです。

 

≪プロフィール≫

今田 万里子(Imada Mariko)

申年、B型、かに座
浜松市生まれ、磐田市育ち
趣味は旅行(お気に入りはパリ、ラスベガス、京都)

資格 保健師
看護師
第一種衛生管理者
産業保健看護上級専門家(日本産業衛生学会認定資格)
産業カウンセラー(未登録保有資格)
経歴 磐田南高等学校卒業
千葉大学看護学部卒業
浜松医科大学大学院医学系研究科看護学専攻修了
 看護の職歴 横浜市民病院小児病棟
東京海上火災保険株式会社浜松支店
ヤマハ株式会社(本社、工場)
オリンパス三島工場
ハウス食品株式会社
浜松医科大学医学部看護学科(地域看護学教員)
所属団体等 日本産業衛生学会
日本産業衛生学会産業看護部会
日本産業看護学会(評議員)
静岡医療センター附属静岡看護学校非常勤講師
 看護を志した
理由
子どもの頃によく入院していて、看護師さんに憧れたというベタな理由です。
小学校2年生のときから「看護婦さんになる」という夢をもっていたので、大学を卒業して最初は夢をかなえるために小児病棟の看護師になりました。
産業看護に転身した理由 大学で看護を学んでいるときに初めて産業看護を知りました。
元気な人が元気なまま働き続けることを支える看護の存在に衝撃を受け、興味を惹かれました。