産業看護プリセプタープログラム

 

 

☆☆ 一つの産業看護業務の遂行を1から10まで支援します! ☆☆

 

産業看護の業務は、一般的な看護業務とは必要になる看護技術も常識とされていることも微妙に違います。

しかし、看護学校(大学)で産業看護の知識や技術を学ぶ時間はほんのわずかですし、実習までやっている学校はほとんどありません。

新卒看護職を採用して一人前に育てるような恵まれた環境はほんの一握りですから、多くの産業看護職は臨床看護など他分野の看護経験の後に転職して産業看護分野で働いています。

職場で医療系の専門職は自分一人という「一人職場」で、前任者から短い引継ぎの後、いきなりすべての業務を一気に背負わされることになります。

 

【ある産業看護職Mさんのピンチ!】

 

Mさんは学生時代に産業看護を初めて知ってから興味を惹かれ、いつかやりたいと思ってきました。

念願がかなって、7年間の臨床経験ののち、 ある製造業の工場に産業看護職として入社して2年目です。

健診の準備や実施、事後処理などの日常業務に忙殺されていますが、楽しさややりがいを感じています。

実を言うと、メンタルヘルス不調の社員のフォローなど、まだまだ不安だらけの業務もありますが、それでも精一杯がんばって取り組んでいます。

そんなある日、衛生委員会で労働衛生週間のイベント企画が検討され、なんと「Mさんが講師の健康セミナーを開催する」ということになってしまいました。

前任者のころは何回か実施したことがあるようですが、Mさんは前任者からその業務を引き継ぎされていませんでした。

それにMさん自身も、今まで集団健康教育の講師をやったことがありません。

「どうしよう、私にできるわけがないのに」と内心は焦りましたが・・・

周囲から感じる「経験者でしょ、専門家でしょ、だから当然できるでしょ」という無言の期待(プレッシャー)を前にして、

「やったことがないので、私にはできません」とは言えませんでした。

「ああどうしよう、2か月後には一人で1時間の健康セミナーの講師をやらなければいけないのに。私はどうすればいいのだろう・・・」

Mさんは途方に暮れてしまいました。

 

【プリセプタープログラムがお助けします!】

 

Mさんはこのピンチを一人で乗り越えなければいけないと思うと心細くて仕方がありません。

そんなMさんを、ピュア産業看護事務所の”産業看護プリセプタープログラム”がお助けします。

プリセプタープログラムは、経験豊富な産業保健師が、マンツーマンで、1つの産業看護業務の遂行を一から十まで支援するプログラムです。

Mさんはプリセプタープログラムの、集団健康教育業務(健康セミナー)終了までの完全サポート保証を申し込んで、初めての集団健康教育に取り組むことにしました。

 

 

【例えば、Mさんが受けた支援の内容はこんな感じ】

 

  • 集団健康教育という業務の全体像(やるべきこと、基礎知識)のレクチャー
  • 参考資料の提供、紹介
  • 業務遂行のスケジュール作成(準備⇒実施⇒事後まとめ)
  • 業務過程の各段階における内容のチェックとアドバイス(企画書作成、スライドや・配布資料作成、原稿修正、リハーサル、事後まとめ資料作成など)
  • 関連スキルの指導(パソコン作業等)

 

 

【支援はどんな方法で行われるのか】

 

支援(あるいは指導)は”セッション”と”コンタクト”を通して行われます。
しかも、契約期間中は回数無制限です。

  • セッション(Web会議システムを使用した対面支援)
  • コンタクト(メールによる支援)
  • (別途料金がかかりますが、出張&直接対面指導もあります)

 

 

【ところで、支援を担当する”経験豊富な産業保健師”って誰?】

 

それは、ピュア産業看護事務所の今田のことです(笑)
詳しいプロフィールが気になる方はこちらをご覧ください。

 

 

【2か月後、Mさんはどうなったのか?】

 

Mさんは初めての集団健康教育をプリセプタープログラムで支援を受けながら無事やり遂げることができました。

完全サポート保証コースだったので、セミナーが終わったあとの報告書の作成までアドバイスをもらいながら完成させました。

参加者も熱心に聞いてくれたし、上司に報告書を提出したときに「よかったよ」と言われて、最初は不安だったけれど、やってよかったなと思いました。

そしてMさんは、手順や方法がわかったし、実際に自分でやってみてどんな感じでやればいいのかもわかったので、次は一人でできるという自信がつきました。

それに、自分がやれる産業看護業務が増えてうれしくなり、他の業務もますますがんばりたいという意欲が出てきました。

 

 

 

産業看護プリセプタープログラム

 

【支援を行う産業看護業務の種類】

・集団健康教育
・職場巡視の準備・実施・事後まとめ
・衛生委員会資料作成
・保健指導の企画・実施・評価
・ポピュレーションアプローチ媒体作成(健康新聞等)
・職場復帰支援
・特殊健康診断実施計画・事後措置
・各種帳票類の作成
・その他産業看護業務一般

 

【プリセプタープログラムはこのような方におすすめです】

上記の業務の遂行に指導やアドバイスを必要としている産業看護職の方。
例えば

・産業看護経験が浅い
・初めてやるのでやり方がよくわからない
・パソコンスキルが心もとない
・一人でやるのは心細い
・一度しっかり指導を受けてみたい

などなど。

 

【ただし、こちらにご注意ください】

プリセプタープログラムは、ピュア産業看護事務所が当該業務を丸ごと請け負うサービスではありません。

業務実施の主体は、あくまでもご契約者様本人です。

ご契約者様がお困りの業務を、ご契約者様自身の力で円滑に遂行できるように、アドバイスや指導をご提供し、ともに進みながら後方支援するサービスです。

(例えるならば学生実習で指導教員の支援を受けながら知識や技術を習得していくようなイメージです)

 

【プリセプタープログラムが気になったら】

まずは”無料ご相談フォーム”からお問い合わせください。

無料ご相談フォームはココをクリック

メールまたはWeb会議システムにて、支援を希望される業務の内容や現状についておうかがいし、支援内容のご提案と価格のお見積りをご提示いたします。

支援内容や価格をご検討いただき、ご納得いただけましたらお申し込みください。

*ここまでは無料です。

 

【価格】

(1)契約日より「30日間コース」:30,000円
または
(2)当該業務終了まで「完全サポート保証コース」(期間無制限):50,000円~

*消費税込み

 

【お申込みいただいた後の流れ】

(1)支援開始日の決定
双方の合意により支援開始日を決定いたします。

(2)契約書と振込依頼書の送付
ピュア産業看護事務所より契約書および振込依頼書を送付いたしますので、内容をご確認ください。

(3)契約書の返送
契約書を2通送付いたします。内容をご確認いただき、署名・捺印をお願いします。
1通をお手元に保管し、もう1通をご返送さい。

(4)料金のお支払い
契約金は先払いをお願いしております。指定金額を期日までにお振込みください。

(5)支援開始日より支援開始
双方で合意した支援スケジュールにそって業務を進めていきます。
*支援開始日までに契約書返送とお振込みが完了していない場合は支援開始日を変更させていただく場合があります。
*進捗状況によって途中でスケジュールの見直しをご提案する場合がございます。